トップページ法人紹介施設紹介交通のご案内リンクスタッフブログ情報公開

働くあなたを応援します!!「白寿荘子育て支援行動計画」 

  • 2013/03/14(木) 11:28:34

白寿荘子育て支援行動計画

平成21年4月1日付け改正施行された次世代育成支援対策推進法に基づき、
社会福祉法人中央福祉会は、当法人が運営する事業所で働く職員が
仕事と子育ての両立が出来るよう、平成23年1月1日付けで
施設内保育事業としてキッズ・児童クラブわかばを開設しましたが、
これら職員が更に安心して働き続けられる職場づくりを進めるため、
また全ての職員がその能力を十分に発揮できるよう、
次のとおり子育て支援行動計画を策定します。



(計画期間)
第1 計画の期間は、平成25年1月1日から平成26年12月31日までの2カ年間とする。



(目標及び対策)
第2 計画の目標及び対策は、次のとおりとする。

1、雇用環境の整備に関する項目  
①目標   
・計画期間内に、育児休業等の取得率を次の水準以上にする。
 :女性職員の育児休業取得率を70%以上にすること。
 :男性職員の子供看護休暇を1人以上取得すること。

対策
・平成25年3月~育児休業の取得について、また男性も子供看護休暇を取得出来る
 よう職員連絡会議や事業所内掲示板等で啓発する。
・平成26年3月~1年間の取得率を検証し、その内容を全職員に職員連絡会議や
 事業所内掲示板等で周知するとともに、反省の上に立って翌年度も継続する。 

②目標
・計画期間内に、所定外労働を削減するため次の事業を実施する。
 :家庭での育児支援を進めるため、残業0を目指す「終業後30分退所運動」を行う。

対策
・平成25年3月~職員連絡会議等で説明する。
・平成25年4月~事業所ごとに問題点を検討し、目標に向け取り組む。
・平成26年3月~1年間の事業を検証し、その内容を全職員に職員連絡会議や
 事業所内掲示板等で周知するとともに、反省の上に立って翌年度も継続する。 

2、1以外の次世代育成支援対策に関する項目

①目標
・白寿荘独自の次世代育成支援対策として、次の事業を実施する。
 :子育て支援のため、職場内研修会を毎年1回行う。
 :親が働いているところを子供に見せる「子供参観日」を毎年1回行う。

対策
・平成25年4月~職員連絡会議や事業所内掲示板等で周知し、多くの方に参加してもらう。




現在中央福祉会で働いている職員は元より、
これから一緒に働いて下さる未来の仲間にも
これまで以上に、一層働きやすい職場づくりを
すすめていきたいと思っています。


DSCF2101_convert_20130314112648.jpg IMG_1121_convert_20130314112726.jpg

  1. | お知らせ
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0 |
| ホーム |